さくら鍼灸治療院 さくら骨格調整所


by HSTi-Sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

高校野球

毎日、雨!晴れ!?蒸し~~!雨!?暑っ!
そんな忙しい天候ですが、いかがお過ごしでしょうか。

さくら鍼灸治療院の河村です。

かるく挨拶していますが。。
約1ヶ月放置しました・・008.gif
記録的な放置でした。すみません


さてさて、7月中旬から盛り上がっています高校野球
皆様も母校の成績が気になるんじゃないでしょうか?
私の母校は、1回戦負け常連。
今年は、出場しているのかどうかもわかりません・・


さくら鍼灸治療院でも高校球児を何人か診ておりました。
中でも1年くらい通い治療をしていた投手がいました。

彼の持病は早くに完治し
あとは、猛烈な練習でくたびれた体のメンテナンスを行なっていました。

左利きで135キロの投球を生み出す豪腕ピッチャーです。
あとは、試合に勝ち進むだけ。

そんな彼の試合。
夏の高校野球の初戦が、多摩市一本杉で行なわれました。

勝負には、勝ちと負けがはっきりつきます。
そして勝ち進むことが出来ませんでした。

当然、勝ち進む予定だったので試合翌日予約が入っていました。
来ないかもしれないな・・と心配していました。

彼が来院して最初の一言が
『負けちゃいました・・』と恥ずかしそうな表情・・

明らかに悔しいのだけど
もう終わっちゃったしどうしようもないという感があって
私まで、少し悔し涙がでてきました。


高校野球というのは、凄いですね。
16・17歳の少年に、ここまで悔しい思いをさせるんですね。
でも一生懸命やったからこそ感じられる悔しさなんですよね。

なかなか感じれるものじゃないと思います。
だから、たくさんの宝物を手に入れたんだと思います。

一緒に頑張ってきた部員たち
一緒に頑張ってきた月日
応援してくれていた家族やまわりのOBの人たち

一試合一試合が、一生懸命で一つも落とせない緊張感。

どの野球部も同じ気持ちで、戦ってるから
試合中、震えもする。
彼は、その日もの凄いプレッシャーと戦ったんだと思います。

彼の中での一つの人生の分岐点なのかな。
高校を最後に野球をやめるそうですが
でもまたいつか、やりたくなったらやればいいと思います。

b0158248_16104865.jpg

その若々しく爽やかな青春の1ページを
治療院に残してくれました。

この色紙。
大切にしようと思います。
ありがとうございます。

ふと、私も。。
バイクのレースを辞めようと口から発した時に
意味もわからず涙がこぼれた事を思い出したりして
懐かしんだりして・・
少し意味合いが違いますかね。

彼には、これからも頑張っていってもらいたいです。
応援の意味を込めてご紹介させていただきました。


こういうの弱くて
文章意味不明なところあれば、御容赦くださいww
[PR]
by HSTi-Sakura | 2009-07-28 16:25