さくら鍼灸治療院 さくら骨格調整所


by HSTi-Sakura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2014年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

頭の歪み

さくら鍼灸治療院 HPは、こちらから

http://www.hsti-sakura.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんにちわ

久しぶりの更新です。

GW前に書くブログの前の内容が・・・大雪ですからねぇ。。まずいです^^


今回は、治療院のことを書こうかと思います。

さくら鍼灸治療院 という名で治療院をしていますが

骨格調整も、鍼灸と同格でメイン施術でやっております。

ほとんどの患者様が、両方の施術を受けておられます。



骨格調整と一言で言えば、なんでしょう。

骨盤矯正を頭に思い浮かべる方が多いでしょうか。

骨盤を治せば、どうなりますか。

背骨が安定しますし、股関節の動きもスムーズになります。

さすれば、膝への負担も減るし・・筋肉の使い方も変わります。


ここまでは、良しとして。

さくら鍼灸治療院では、頭蓋骨も調整しています。

頭蓋骨を動かす。単純に楽になります。

初診の方々の多くが、自分の頭が歪んでいる事に気がついておられません。

私の手で、歪みを解くように動かすと

『あぁ・・』という感じのゆるい反応であったり

『うわ!』という方もいます。



頭の歪みを解くと、首にかかってた負担も減り

肩を触るまでもなく、緩くなることもあります。


こういう状態に持っていくことができるのが、骨格調整です。

全身の骨の位置を正しいほうへ誘う方法なのです。


鍼灸師として、当初は活動しておりましたが

この骨格調整に出会ってからは、

このコンビネーションは必要不可欠ではないかと思うようになったのです


鍼灸の筋肉施術・経絡施術も

正しい状態の骨格があってこそ、発揮するものだと思います。


たとえば、偏頭痛
鍼灸治療だと、頭部にある経絡のツボに鍼を打ったり
関係筋肉を鍼で緩めたりがメインになると思います。

さくら鍼灸治療院では、真っ先に頭蓋骨の形をチェックします。
ほぼ100%豪快に歪んでいます。

頭蓋骨が歪めば、何が起こるか

側頭骨にぶら下がった顎関節は、顎関節症になります。
眼球の入った部屋。どくろの絵で見る目の部分の空間も左右差がでます。

血液の循環も止まるまではないけれど、流れは悪くなります。
目の疲れ・ドライアイなどは、こうした原因で起こることもあります。

耳の位置も変わります。
頭の中枢の神経感覚器が左右ずれた位置にあるということがどれだけ大変な事か。
均等に目の位置も違うと。。
めまいが起きます。

幸い脳の機能は、ものすごく高いので
こうなったから、めまいが必ずでるというわけでもなさそうですが。

メニエールとお医者様に診断された方も骨格調整で治る事例もあります。


いろいろ頭蓋骨の歪みでおこります。
そういうものの中のひとつに偏頭痛も入っています。
頭蓋骨にも筋肉があり、無理に歪んでしまえば緊張して突っ張る筋肉も出てきます。

筋肉の緊張と違う種類の頭痛もあると思います。
でも、これも、歪みを調整することで緩和すること多いです。


さくら鍼灸治療院では
頭蓋骨形状も調整しますが
そうなった原因を先に探します。

頭に大きな歪みがある方は、外傷打撃がある方以外は
骨盤・仙骨に大きな歪みがあります。
肋骨にも背骨にもあります。
歪めば、関節もうまく動いてくれません。

そうなると、生活習慣・仕事病など原因がでてきます。
座ってばかり。右を向いてPC。重いカバンをいつも持ってる。
このあたりは、患者様それぞれいろいろあります。

それを探しながら患者様一人一人
必要なことを施術していってます。

調整したら、ずっと治っていられるか。
そういうわけでもありません。
でも、治さないと・・・症状は軽くはなりません。

そのたびに薬で抑えますか?


まだまだ発展途上な医学だと私は、思います。
でも、骨の位置を正しいところにもっていったあとの鍼灸施術

なかなか気持ちいいですよ~^^
[PR]
by HSTi-Sakura | 2014-04-26 23:15 | 治療